2010年02月22日

ぶらり京都

もう大分経ってしまいましたが、バレンタインデーあたりに京都に行ってきました。京都市立芸大の卒展と大学の絵画の先生の個展を見るのが二大目的だったのですが、大好きなカフェに久々に行ってみたい!というのもありまして。市立芸大は流石完成度が違いました。アイデアも目をひくものがいっぱいで、提示の仕方も上手いなぁと思いました。個人的には染織コースの作品が色彩がまとまっていて、布地の作品ということもあり見ていて新鮮で面白かったです。
それから烏丸御池にあるお目当てのカフェに足を運んでみたら、店内にまさに今から見にいかんとしている絵画の先生の作品が展示してあってちょっとサプライズでした。絵画は大学でも少しかじった分野ではあるのですがその心も見方も未知の領域です。先生の作品をまともに見るのは初めてだったのですが、シンプルだったりごちゃごちゃしていたりする中に心地の良い一定の統一感があって、ずっと見ていたくなるような、絵を描かれるなぁと思いました。絵の具っていいなぁ。もっと絵の具を好きになりたいです。出してくるのが面倒なので私の絵の具はもうずっと押し入れに眠っています。
個展の作品は部屋一面を使ったライブペインティングのアクリル画でものすごい迫力を感じました。完成系が気になります。
それから三条通りをぶらつき(四条通りよりも人通りが少なくて面白いお店が多い!)シメに高橋真琴さんの展示を見てきました。きらきらした夢見る少女の絵がいっぱいで、目が潰れるかと思いました。女の子可愛かったです。

ギャラリー巡りの旅は疲れるけれど充実感があって良いです(´∀`)そして京都は歩くだけで楽しい。



Posted by 芋  at 17:11 │Comments(0)

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。